ガン保険の給付条件・対象

生命保険比較の中でガン保険を選ぶ際、先ずポイントに置きたいのは治療のための入院が保障の給付対象に入っているかどうかです。それは最近のガン治療、またガンのステージによっては通院というケースも少なくないからです。ガンの進行、なかでも初期の場合は抗ガン剤や放射線治療が中心になることが多く、通院で済むケースもあります。これに対して給付対象が入院を前提にされると、治療に掛かる費用は全額自己負担になります。抗ガン剤の治療は自由診療も多く、自己負担になることが多いのが特長です。そんなケースにも対応できるガン保険を選ぶことが一つのポイントになってきます。

ガン保険の入院給付金は1日当たり1万円で十分に賄えます。また、商品の中には一度に100万円、200万円と多額の給付金が出るものもあり、初期の治療費を十分にカバーできるものもあります。これも考え方次第ですが、ガンはどこの病院でも対応できる疾病ではなく、全国を対象に自分のガン治療に最適な医療機関を探すケースもあるので、まとまった給付金は旅費を含めての治療費づくりに最適です。そのためにも、給付金がどのようなカタチで支払われるのかチェックすることもガン保険を選ぶ際のポイントです。

ガンは長期の治療を前提とする疾病です。また、治療費に多くの費用が掛かる病気です。しかも、再発というケースも念頭に置く必要もあります。万一の備えるのが保険の役目ですが、自分がもしガンに掛かったらを想定して、家計負担を最低限度に抑えることができるガン保険が、自分に合った保険につながってきます。生命保険比較では様々なガン保険が検討できますが、終身型など保障期間を含めて先述のような給付金の支払い条件・対象を先ず確認していきます。セカンドオピニオンや相談サービスはオプションなので、まず一番に基本の保障をしっかり充実させることがガン保険選びでは大事です。

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/