学資保険を選ぶには生命保険比較

お子さんが生まれると考えなくてはいけないのが、お子さんの教育資金のことです。貯金をするにしてもなかなか計画通りには行かないこともあると思います。そんな時に強い味方となってくれるのが、学資保険です。学資保険とは、毎月の保険料を積み立てていって満期の時に満期保険金を受け取れるというものです。通常の銀行預金と違うところは、契約者に万が一のことがあった場合の補償があるところだと思います。育英年金が受け取れたり、子供に何かあったときに保険金が出ると言うような商品もあります。

学資保険はいろいろな補償内容によって、満期保険金の金額が変わってくるのでいろいろと生命保険比較をして選ぶ必要があります。学資保険の比較ポイントとして一番重要視されるのが、返戻率と呼ばれるものです。返戻率とは満期の時に今まで支払った保険料の合計の内どれだけの金額が返ってくるかというものをあらわしたものです。もちろん、この返戻率が高いほどたくさんの教育資金ができるのでお得と言うことになります。この率が100%を超えるも学資保険もたくさんあります。貯蓄性を重視したいのであれば、100%を超える返戻率の学資保険を選ぶと良いと思います。

一方、返戻率が100%を切る学資保険もあります。元本割れをしてしまうと言うことですが、それでも魅力はあります。それは補償内容が手厚いということです。いろいろな特約が点いていたり、生命保険のように入院補償がついていたりするので万が一の時でも安心です。このように安心というオプションがついた分返戻率は下がってしまいますが、万が一の事態に備えたいと言う方にはお勧めです。学資保険にはいろいろなタイプがあるので、各ご家庭での目的に合わせて選ぶといいと思います。その時、インターネットで生命保険比較ができるサイトを利用すると便利です。

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/