医療保険比較をする上で大切なこと

生命保険会社が販売している商品のひとつに医療保険があります。医療保険の生命保険比較をする上で大切なことのひとつに主契約で保障される内容に違いがある点があります。医療保険に加入していると病気や怪我で入院した際には入院給付金が受け取れますが、商品によって入院初日から給付金の支払い対象になっている商品や一定期間の免責期間がある商品などがあります。また手術を受けた際には手術給付金が受け取れますが、同じ手術を受けた場合でも商品によって支払い金額に違いがあり、入院給付金の金額の10倍や20倍など一律の金額が支払われる商品や、受けた手術によって手術給付金の金額が違う商品などがあります。

また医療保険の生命保険比較をする上で重要なことのひとつに付加できる特約が商品によって異なる点があります。医療保険によっては特約として保険期間内に死亡した場合の保障を付加したり、がんや三大疾病になった場合の保障を付加したり、退院後に通院治療を受けた場合の保障を付加できる商品が販売されており、商品によって付加できる特約がそれぞれ違っているのが特徴です。その為、医療保険の保障内容を比較する上でそれぞれの商品にどのような特約を付加できるかをよく知った上で、生命保険比較をすることが大切であるといえます。

他にも医療保険の保険期間も商品によって違いがあり、一定の年齢までの保険期間がある商品や、終身の保険期間がある商品があります。保険料の支払い方法の面でも違いがあり、生命保険会社によっては保険料の支払いに口座引き落し以外にもクレジットカード払いを利用できる生命保険会社もあります。このように医療保険の生命保険比較をする場合には、商品にによって主契約の保障内容や付加できる特約や保険期間や保険料の支払い方法など商品によってそれぞれ特徴があるので、それらを知った上で生命保険比較をすることが大切だといえます。

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/