相続税を考慮して生命保険比較

人間、いつ死んでしまうか分かりません。ですので、死んでしまう前からきちんとその時の備えをしておかなければ残された家族に対して迷惑がかかるのです。まず生命保険に入っておきましょう。生命保険に入っていれば、もし、自分の身に何かがあったとしても、家族は、何とか生活していけるのです。健康だから、大丈夫だと思っていても、そうとは限りません。人間、いつ、何が起こるか分からないのです。たとえば事故に遭う可能性だってあるのです。

私の友人は、事故で突然亡くなりました。学生時代はラグビーで全国大会に出場したぐらいで、とても頑丈な身体をしていました。病気にも無縁で風邪一つひいたことがありませんでした。そんな彼ですが、自動車に乗っていて、信号待ちをしていた時に、後ろからきたトラックに衝突されて、シートベルトをしていたにもかかわらず、大きな衝撃を受けて、それにより亡くなったのです。このような事故は避けようがありません。いくら健康でも、このように突然の事故で亡くなるのです。

ですから、もしもの時の備えとして生命保険に入っておかなければなりません。しかし生命保険と一口に言っても、保険会社によって、中身は様々なのです。保険会社によっては、保険金の支払いを渋ったりする会社もあるのです。人間が死んだ後は、葬儀や相続税の支払いなど、様々な出費が重なるのです。そんなときに、保険金の支払いを渋られては、生活に困ってしまいます。ですから、きちんと生命保険比較を行って、支払いを渋らない良心的な保険会社を選んで加入すべきなのです。

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/