保険比較をして決める

生命保険は家族のことを考えると、入っておくにこしたことはありません。さまざまな種類があるので、各生命保険比較をじっくり行ってから加入しても遅くはありませんので、実際に加入を考えている人は、ゆっくりと決めることをおすすめします。というのも、保険会社はかなりたくさんあり、それぞれの特徴があります。個人が求めるものは異なると思うので、自分のケースに合ったプランを提供してくれる保険会社を選ぶことが大事です。

いくつか生命保険比較をしてみます。まず加入人数が多い、「かぞくへの保険」です。主な特徴は、お手頃価格で、必要な死亡保険を用意することができることです。また500万円〜1億まで、保険金額を幅広く設定できます。病気・事故・災害でも同一保障なので安心です。次に「スーパー割引定期保険」です。喫煙の有無や、健康状態により保険料が割引になる定期保険です。4つのクラスに分けられており、ファーストクラスは非喫煙有料保険料率、セカンドクラスは非喫煙標準保険料率などに分類されます。

また短期の見直しが出来る「1年組み立て保険」も便利です。これは毎年でも見直しができるので、ライフステージの変化に合わせた保障額の設定ができます。また「遺族保険」をベースに、「入院保障」「月給保障」の3つの特約も自分で組み合わせることが可能です。また、満40歳〜80歳の方なら、健康状態にかかわらず加入できる「アフラックの終身保険」は高齢者の方に人気です。月々2000円から入れる死亡保障になっています。このように、保険会社が提供しているサービス内容は多用なので、じっくり検討することをおすすめします。

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/